珈琲マメ知識

【マメ知識】珈琲の焙煎度合い

投稿日:

コーヒー豆の性格にもよりますが、焙煎のやり方で豆の風味が変化します。
段階はもっと細かく分類されますが、ざっくりおおまかに以下のとおり、イタリアンが一番深く、順次煎りが浅くなります。
浅い焙煎の豆は色が薄く、味はすっきりとした酸味があることが多いです。
深い焙煎の豆は色が黒く油がにじみ出ていることが多く、味はパンチのある重厚さと甘みを感じることができます。

↑深 イタリアンロースト    
   フレンチロースト ←深煎り  
   フルシティロースト
   シティロースト ←中煎り
   ハイロースト  ←浅煎り
↓浅 ミディアムロースト 

当店の基本は3種類、フレンチロースト(深煎り)、シティロースト(中煎り)、ハイロースト(浅煎り)です。
どれにしたら…と迷ったら、まずはシティローストから試してみてください。

 

-珈琲マメ知識

関連記事

フレンチプレスの素晴らしさとは!?

こんにちは、メリバ珈琲です。 珈琲を淹れる器具は様々ありますが、今日のテーマはフレンチプレス。 わたしはもっぱらドリッパーで珈琲を淹れています。このほうがすっきり仕上がるので珈琲をたくさん飲む私はカリ …

体調不良と珈琲の関係

昨日の朝のこと、毎朝いつものように淹れて飲む珈琲がなぜか今日は美味しく感じない…時々そんなことがあります。同じ豆、同じ湯音、同じ時間に同じようにして淹れているのになぜ?! そんな時は往々にして体調が下 …

ドリップのとき豆がぷくっと膨れるのは…?!

こんにちは、メリバ珈琲です。 ドリッパーにコーヒーパウダーを入れてお湯を注ぐとぷくぷくと発泡して粉が膨れます。ダメになって発酵しているのでは…それは誤解です。 珈琲の焙煎は豆を加熱しますが、その熱によ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。